• テキスト表示

セミナー
 
ブログ
 
議会報告書
 
メディア掲載

プロフィール
 

新着情報一覧

当初所属国不明のテロ・ゲリラへの対処
依然として厳しさを増す安全保障環境の中にあって、これまでになく宇宙・サイバー・電磁波といった新領域での防衛力の強化が求められています。 新たに就任された岸信夫防衛相が「イージス・アショア(地上配備型迎撃システム)の代替案につ…
[ ブログ ] 2020/09/28
着々とすすむ、菅内閣による一層の構造改革!
産業革命以前の世界では、技術開発と設備投資による生産性向上という概念はありませんでした。 例えば農業のような第一次産業が典型ですが、生産量は投入される労働量と土地面積によって決定されていたわけです。 そこに転機…
[ ブログ ] 2020/09/27
破綻しているのは「財政破綻論」
きのう(9月25日)、日本経済新聞が「国内債券市場で長期金利が上昇した!」と大仰な見出しをつけていたので、いったい何%上昇したのかと思って見てみたら、新発10年国債の利回りが「前日に比べ0.005%高い0.010%になった」とのこ…
[ ブログ ] 2020/09/26
次なるターゲットは中小企業
経済学者ジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学)は、次のように述べています。 「資本家たちは何かと言うと効率性向上を持ち出したが、彼らの本当の狙いは、自分たちに都合のいいルールを設定し、労働者に対する優位性を増大させること…
[ ブログ ] 2020/09/25
人口減少をチャンスと捉えよ
菅首相は総裁選挙の際、「人口減少は避けられないので将来的には消費税率の引き上げをやらざるを得ない」と発言されました。 その後、言い訳がましく、昨年に安部総理が「今後10年間は引き上げる必要はない」と発言されたことを支持するな…
[ ブログ ] 2020/09/24
パウエル議長、米議会に財政出動を促す!
米国の中央銀行たる連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が、米国議会に財政出動を促しています。 すごいですね。 今の我が国の中央銀行総裁は絶対にそんなことしません。 パウエル議長は米下院の公聴会で「さらなる財政出…
[ ブログ ] 2020/09/23
家計の資金余剰
家計の資金余剰が18.3兆円になった、と日本経済新聞が報じています。 ここでいう「家計の資金余剰」とは、それを失っても直ちに生活に支障を来さない程度の家計金融資産のことをいうらしい。 資金循環統計によれば、我が国の家計…
[ ブログ ] 2020/09/22
現実を見ようとしない政治
今ある生産要素(資本・労働投・全要素生産性)によって、現時点での生産可能な供給能力を示す数値を潜在GDPといいます。 潜在GDPは、需給ギャップや潜在成長率の推計に使われています。 かつては最大限に発揮できる供給能力を…
[ ブログ ] 2020/09/21
緊縮財政という悪しき前例踏襲
加藤官房長官が今朝のTV番組で「新内閣は前例踏襲と縦割り行政を打破する」と協調されました。 今さらのように「縦割りの弊害」を主たる政策テーマに据えるところが少し滑稽さを感じます。 なお、前例の全てが悪なわけでもないし、…
[ ブログ ] 2020/09/20
日本国が米国から独立的な防衛力を備えるために
きのう総務省から、8月の消費者物価指数が発表されました。 生鮮食品を除いた消費者物価指数(コアCPI)は前年同月比で−0.4%で、最も重視されるべき生鮮食品(酒類を除く)及びエネルギーを除いた消費者物価指…
[ ブログ ] 2020/09/19