ブログ

HOME» ブログ »新型コロナ特措法の正体

ブログ

新型コロナ特措法の正体

新型コロナ特措法

3月13日、「新型インフルエンザ等対策特別措置法の一部を改正する法律」が制定されました。

無知な政治家やメディアや評論家は、これを「新型コロナ特措法」と呼んで騒いでいます。

正式な法律名からも解るように、このたび制定された特措法は、従来からある「新型インフルエンザ等対策特別措置法」の「等」に「新型コロナウイルスに対してもこの法律を適用していいですよ」と言ってるだけの代物です。

よく理解していない共産党などが「国家が強権で人権を蹂躙する悪法だぁ」みたいに騒いでいることから、なにか強権を有した新たな法律が制定されたかのような錯覚を世に与えています。

安倍総理も安倍総理で、「今はまだ、同法で可能になった緊急事態宣言をする状況にはありません」などと記者会見で大仰に言っていますが、従来ある「新型インフルエンザ等対策特別措置法」を適応するだけの法律なのですから実に茶番です。

もともと「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に「等」があったわけですから、あえて新型コロナウイルスを加えなくとも、そして法改正などしなくともよかったのですが、内閣としてのパフォーマンス的な意味も込め、わざわざ法改正し、それを「新型コロナウイルス特措法」と呼称して喧伝しているわけです。

むろん、あたかも政府が凄い対策をとっているかのように見せるためで、まるで「非常事態宣言」という新たな言葉が法律に入ったかのような誤解を与えています。

繰り返しますが、改正前の法律と改正後の法律には何の差もありません。

今後、国民の多くが新型コロナウイルスに対し免疫を有するようなり、新型コロナが一般の風邪ウイルス程度に落ち着いたころを見計らって法律から除外するつもりなのでしょう。

普通の国家なら有すべき『非常事態法(有事法制)』を常設していない我が国は、国民が危機に晒されれるたびに突貫工事で「特措法」を制定しています。

しかし、その特措法すら「張り子の虎」なのです。

戦後日本とは、有事を想定しない異常かつ恥ずかしい国家なのです。
2020/03/15

ブログ

セミナー

BLOG

議会報告書

メディア掲載

プロフィール